ナース伶華のブログ

老健での看護師の出需品を教えて!(瞳孔を見るペンライト、GCSチェックカード、聴診器など)。これがあると便利!と言うグッズを教えて!

介護施設で働くと、看護師も介護の仕事をさせられる...とかよく聞きますが、老健は医療面が濃いため、看護師はほとんど看護の仕事がメインです(^ー゜)

他の介護施設に比べると看護職員の配置も多く、日勤帯では常時数名の看護師が働いています(^o^)

夜勤は、2階3階のフロアー全体の100名を一人でみなくてはなりません(・_・;

夜間は、100名の利用者さんの健康状態を観察しながら、異常の早期発見に努めるのは結構大変ですよ(;´Д`A

一人一人のバイタルを測るのは朝の検温時だけです。
夜間は、一人で100名の利用者さんのバイタルはとり切れませんヽ(´o`;

ですから、顔色など観察しながら、体調を把握し、異常がないか確認します_φ(・_・
異常がありそうな場合は、バイタル測定を行い、急変があればドクターに報告し、救急搬送などの対応を取ります。

瞬時に体調を確認するため、聴診器や瞳孔を見るためのペンライトは必需品ですね(^o^)

高齢者は肺炎や腸閉塞を起こしやすいですから、呼吸音やグル音を確認し、心音も聴診して異常がないか確認しなければなりません。
そのために聴診器は必須アイテムですね。

高齢者の方は、突然の心停止や呼吸停止もあります。
看取り看護もありますから、瞳孔をみるためのペンライトも必須アイテムですね(-_^)

また、救急車の要請や、病院への連絡の際に、利用者さんの意識Levelを伝えるためGCSチェックカードなども必須です。

以前はJCSを用いていましたが、GCSはチェックカードがないと覚えられませんf^_^;

点滴を行う時も、滴下数をしっかり合わせておけば、無駄に足を運ぶ必要がありません。

病院のように輸液ポンプが設備されていませんから、輸液の滴下数を合わせるためのチェックカードもあると、とても便利ですね(*^^*)

また、高齢者の方は皮膚トラブルも多く、処置が多くなりますから、ハサミなどもポケットにあると便利なので、常時持ち歩いています。

こういったグッズは、通販で沢山売っているため、よくみんなで通販雑誌をみて購入しています。

色んな便利アイテムを常備しておくと、ナースが一人の夜勤も心強いですねd(^_^o)

2014年4月10日|

とんでも患者さんのおもしろエピソード

私は今までにいろいろな科で働いてきました。
もう10年以上も看護師として働いているので、それなりに多くの患者さんとの出会いがありました。
患者さんから学ぶ事も沢山ありましたし、患者さんと関わる事で、看護師としても人間としても大きく成長したと思っています。

患者さんの中には、困った患者さんや、面白い患者さんもいるものです。
いくら私達看護師を困らせてばかりいる患者さんでも、憎めない方もいるんです。
私が今でも良く覚えている患者さんは、糖尿病で入退院を繰り返していた、25歳の男性です。
その方は、とにかく空腹感が強くて、スタッフに隠れては、売店に行っていろいろな物を購入して食べていました。
糖尿病食というのは、基本的に物足りないものなので、ついつい買い食いしてしまう気持ちは分かるのですが、
治療の為ですから仕方がないと思うんです。
一度に食べる量も半端ではないので、一向に症状は良くならず、結局何度も入退院を繰り返してしまうのだと思います。

その患者さんはなんと、看護師と結婚したいと思っていました。
自分がコントロールできないせいもあるのですが、病気が一生治らないなら、看護師と結婚すれば大丈夫だと思っていたのです。
入院すれば看護師と知り合う事ができる、と言っていました。
看護師と少し仲良くなると、結婚して欲しいとの言葉がでて、でも、何だかそれが面白くて、憎めなかったですね。
その患者さんは、看護師を困らせる事が多かったのですが、重症な患者さんやシビアな状況が多い病院の中で、
何だか心が和む様な感じがしました。
面白いなんて言ったら、その患者さんに失礼かもしれませんが、その患者さんが入院している時には、
病棟内に笑いが絶えなかったのは確かです。

2014年3月 6日|

連休が取れた時はどうしてる?

私は、子供が小さいうちは、子育てを重視した働き方をしたいと思って、介護施設に転職しました。
病院に比べると、介護系の職場というのは、給料面で劣っている傾向にありますよね。
確かに、病院勤務の時に比べると、給料は下がったんですよね。
でも、全然不満に思っていません。
なぜかというと、休日が多くて、子供と過ごす時間が充分に取れるからなんです。

私の職場は、年間の休日が120日あるんです。
公休だけでも、月に10日はあるんですよね。
だから、夜勤明けを上手に組み合わせたりすると、連休を取る事ができるんです。
月に2、3回は2連休を取る事ができるのは嬉しいですよね。
嬉しい事に、有給休暇も積極的に使う事ができる環境なので、4連休を取る事もできるんですよ。
4連休取れれば、遠出もできるし、身体を休める事もできますよね。

私は、連休が取れた時には、とにかく子供中心に過ごしてますね。
毎回、連休の度に遠出をしていたのでは、お金もかかってしまうので、近場の公園や動物園に行って過ごす事もあるんですよ。
連休が取れると、1日は出かけても、もう1日は家でゆっくり過ごす、といった事がきるから嬉しいですよね。
子供ばかりではなくて、私自身もすごく楽しんでますね。
好きな事をしてプライベートが充実していると、仕事を頑張ろう、という気分にもなるんです。
気兼ねなく休みが取れて、思いっきり楽しむ事で、ストレス発散になってます。

病院でも、充分に休みが取れる職場、というのはあると思いますけど、そのような職場を探すのは、なかなか難しいと思うんです。
私は、たとえ給料面で優遇されていないとしても、プライベートを充実させる事ができる今の職場に、とても満足していますね。

2014年2月 4日|

院内保育園を使っています

私が働いている病院は、24時間制の院内保育園が設置されています。
病後児保育も行っているのでとても助かっています。
私がこの職場で働き始めた時には、まだ子供はいなかったのですが、将来の事を考えて、
子育て環境が整っているこの職場を選びました。
女性の場合、結婚や出産を経験しますから、その為に、働き方を変えざるを得ない状況になりますよね。
私は、結婚して出産しても、仕事を辞めないで働き続けたいと思っていました。

私は病棟で働いているのですが、妊娠した時、さすがに病棟で働くのはキツいかなと思い、師長に相談した事があります。
師長から、育児休暇を利用して、復職した時には育児時間を使えば、無理なく働く事ができる、というアドバイスを頂きました。
職場には、24時間制の院内保育園が設置されているので、残業があっても夜勤があっても安心です。

私は、仕事探しの時点で、院内保育園の雰囲気も、見学をして把握していたので、院内保育園に子供を預けて働く事について、
それほど不安はありませんでした。
ここの院内保育園なら、安心して子供を預ける事ができると思ったからです。
実際に、院内保育園を使ってみると、とても便利な事に驚きましたね。
同じ敷地内にある保育園なので、子供を送って行くという手間を省く事ができますし、病後児保育を行っていますから、
子供の具合が悪い時でも見てもらう事ができます。
それに、休憩時間などに子供の様子を見に行く事も可能です。

しかし、院内保育園にもいろいろありますから、事前に見学してチェックする事はとても大切です。
私の場合、院内保育園があり、看護師の子育て環境が整っているこの病院だから、仕事を続ける事ができています。
本当にありがたいと思っています。酵素ジュースランキング!口コミで人気のダイエットドリンク比較

2014年2月 4日|

小学生のいるママさんナースについて

私の子供は、小学校の高学年です。
子供がまだ小さかった頃は、すぐに熱を出したり体調不良になったり、保育園の行事も多く、いろいろ大変でした。
その頃には、きっと小学生になれば、手がかからなくなり、仕事に専念する事もできるんだろうな、と思っていました。
しかし、実際に子供が小学生になってみると、違う意味でまだまだ手がかかる事がわかりました。

小学生でも、低学年の場合は帰りが早く、学童に預けていてもお迎えが18時です。
保育園のお迎えの時間よりも早く、土曜日に学童に行く場合はお弁当が必要です。
さらに、日曜祝日は学童はお休みです。

頼れる家族が近くに住んでいれば、また状況も違ってくるのですが、私の場合、お迎えをお願いできる人がいなかった為、
ファミリーサポートシステムを利用していました。

親が参加する行事などは、保育園の時だけかと思っていたのですが、小学生でも、授業参観や親子レクリエーションなど、
いろいろな行事があります。
おそらく、中学生、高校生ともなれば、友達との付き合いが大切になって、親と何かをするという事は少なくなると思います。
そう考えると、親の事を慕ってくれる小学生のうちは、出来る限り子供の行事に参加して、
いい思い出を作って上げたいと思っています。

先輩のママさんナースに聞いたところ、中学生になっても部活で帰りが遅くなった時のお迎えなどがあるようです。
土日に試合に付いて行く事もあり、小学生以上にハードです。

私の職場は、ママさんナースが多く、子育てに理解があるので助かっています。
一緒に過ごす時間が少ない分、子供の学校の行事には参加するようにしています。
子育てと仕事を両立させる為には、休みが取りやすい、残業が少ないなど、職場環境を確認しておく事はとても大切です。夜勤専従の看護師をご希望の方はこちら!

2014年2月 3日|

保育園に預けて働くってどんな感じ?

子供を保育園に預けて働いているママさんナースは沢山いますが、保育園の環境もそれぞれ違うので、
安心できる保育園を見つけるのは、なかなか難しいですよね。
私が以前利用していた保育園は、家からも遠いし、お迎えの時間も早くて、
看護師のような不規則な仕事をしている人にとっては、とても不便なところでしたね。
でも、仕方がないので、保育園の時間に合わせる為に、検診パートの仕事に転職して子供を預けてました。
でも、その保育園は、ちょっとでも子供の様子がいつもと違うとすぐに電話がかかって来て、
いろいろな理由で早退させられたんです。
いつ保育園から電話が架かってくるかわからない、と思うと、全く仕事に専念できませんでしたよね。

そんな時に、家から近くのところに新しい保育園ができたんです。
さっそく、新しい保育園に移ったんですよ。
その保育園は、延長保育もしてくれて、日曜と元旦以外は、いつでも子供を預かってくれるんです。
保育士の数も充実していて、新しい保育園なので設備もすごく整ってるし、子供にとってもとても環境のいいところなんです。
仕事をしていると、子供は一日のほとんどの時間を、保育園で過ごす事になりますよね。
子供が楽しく過ごせるような、いい環境の保育園を選ぶ事は大切ですよね。

保育園の時って、運動会や遠足やお遊戯会など、親が参加する行事が沢山あるので大変ですよね。
なかなか休みが取りにくい職場環境だと困ってしまいます。
でも、このような行事に参加するのは、保育園の時くらいだし、子供にとってはとてもいい思い出になるので、
なるべく参加するようにしていますよ。
子供を保育園に預けていると、子供を通して、ママさんと知り合う事ができて、いろいろな相談もできて心強いですよね。看護師派遣の口コミまとめ(#^.^#)

2014年2月 3日|

最近あった急変の話。冬の老健は急変がとても多いんですよ(+o+)

冬場になると、私たちも風邪など引きやすくなりますよね( ;´Д`)

施設に入所している高齢者の方も、風邪を引きやすくなりますし、そこから肺炎を併発され、突然急変することもあるんですΣ(゚д゚lll)

まして、インフルエンザやノロウイルスが施設内で発生したりすると、大変な事態が起きますね((((;゚Д゚)))))))

インフルエンザやノロウイルスは、健康な人がかかると、軽く済みます。

しかし、高齢者や基礎疾患のある方は、重症化しやすいですね(;´Д`A

肺炎を起こしたり、脱水を起こすことから、命に関わる状態になることもあります。

ノロウイルスが発生した時は、本当に大変でしたよ( ;´Д`)

感染力の強いノロウイルスは、次々と感染していきました。

いくら感染症対策をきちんと行っていても、これはなかなか阻止できませんね(・_・;

施設内の半分は感染しました(。-_-。)

嘔吐や下痢だけの症状の方はまだいいです。
次々と重症化する利用者さんが出てきました。

意識Levelもダウンし、声かけに反応もなくなります。
血圧測定も不可能。
輸液をキープし、酸素吸入を行いながら、救急車を要請します。

しかし、ノロウイルスとなると、よほどのことでなければ受け入れしてもらえず、施設内は、あっという間に野戦病院のような凄まじさになりましたね( ;´Д`)

ノロウイルスが直接の死因になるわけではありませんが、ノロウイルスに罹患したことから基礎疾患が悪化し、亡くなった方もいました。

冬場は、ただでも体調を崩したり、急変が多いのに、インフルエンザやノロウイルスというさらにリスクが大きな感染症があるから大変ですよ(-。-;

体力もなく、免疫力の低下した高齢者の多い施設にとって、冬場は本当に病気や急変が多くて大変ですよ( ;´Д`)

2014年1月28日|


自動相互リンク集 ページランク表示 安眠 MY4-Link サイト集 相互リンク 大阪